×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Vライン脱毛する方法は?

Vライン脱毛する方法は?
Vラインを自分で脱毛する方法には、カミソリや脱毛・除毛クリームなどがありますが、特にカミソリを使っている人が一番多いと思われます。Vラインの毛を何度も剃ることによって体毛の成長が促され、剃る前よりも毛が濃くなってしまうとも言われています。
シェーバーを使ってVラインの脱毛をする場合も、同じことが言えます。
毛の主成分となっているのはタンパク質ですが、除毛クリームは、タンパク質がアルカリ性に弱い性質を利用して毛を溶かします。脱毛クリームには刺激の強い成分が含まれていますので、Vラインの脱毛前には、パッチテストが必要です。
除毛・脱毛クリームを使った場合のメリットは、処理が簡単、カミソリのように肌を切らない、ほとんど痛みがないことなどが挙げられます。また、デメリットとして、肌の表面にある保護膜まで一緒に溶かしてしまうことや、臭いがきついもの、アレルギーやかぶれ、肌が荒れてしまうことが挙げられ、Vラインには使用を控えたいとも言えます。使用する場合は、使用時間を必ず守り、残ってしまった場合は他の方法で処理する方がいいでしょう。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

Vライン脱毛:レーザー脱毛とは?

Vラインの脱毛で、毛の量が多い人にお勧めなのは、エステティックサロンや美容外科での「永久脱毛」です。ラインの脱毛に「レ≠キる場合は、美容外科、整形外科、形成外科、皮膚科など、医療機関での施術となります。
Vライン脱毛に使われるレーザーは、黒または茶色のメラニン色素に吸収され、熱を発生します。発生した熱のエネルギーにより、毛母などの組織を破壊して毛の再生組織を破壊することで、Vラインなどの永久脱毛を可能にするのです。しかし休止期など、毛が抜けている時期の毛母には黒い色素がない為、成長期の毛にしか効果はありません。
レーザー脱毛を使ってVラインの脱毛をする場合、実際にレーザーを照射する時間は10分程度と、短時間で出来ます。レーザー照射後、本来は数日間日焼けを避けなくてはいけませんが、Vラインの脱毛の場合はその心配はありません。

Vライン脱毛:永久脱毛クリームとは?

手間や費用を掛けずに、自己処理で永久脱毛をしたい方にお勧めなのが、「永久脱毛クリーム」ですが、Vラインにも使用できるものと、そうでないものがあるので、注意が必要です。
永久脱毛クリームの中でも、Vラインの脱毛にも使用できる「エピクリアクリーム」は、医薬部外品なので化粧品より効能が明確な商品です。「エピクリアクリーム」には自然成分の鎮静・保湿成分が配合されてるので、脱毛した後の肌は、しっとりツルツルになります。
「「マジーナクリーム」もVラインや顔の脱毛に使える永久脱毛クリームです。毛の再生を減らすことができる発毛抑制剤が含まれていますので、毎週1回、6週間続けて使用することで、毛の再生に違いが出てきます。「脱毛ローション(発毛抑制剤)」を一緒に使用すると、さらに毛の再生が減少するそうです。
Vラインにも使用できる、永久脱毛効果のある商品には、この他、「永久脱毛ジェル」も売られています。「永久脱毛ジェル」もムダ毛の再生能力を抑制し、永久に生えてこないようにする商品ですが、脱毛の処理に使うのではなく、Vラインの脱毛をした後に塗るという商品です。

スポンサード リンク

Copyright © 2008 Vライン脱毛とは?